鈴の実。~British Life~

ロンドン駐在中の夫婦2人がロンドン生活や旅行について綴ってます。

個人の海外旅行の必需品 【超個人的耳より情報の巻】

それは、ずばりポケットティッシュである。

f:id:suzunomi:20170906053141j:image

 

今回スペイン旅行をして、つくづく思いました。ホテルには、ティッシュがほとんど設置されてないことを。

もちろん、私もコモンも10日間の旅行にポケットティッシュは持って行きました。お互い三個ずつ。

コモンは、イギリスで売っている、どう開ければいいのかわからない写真左側のポケットティッシュを(しかし、高級クリネックスである。真ん中でなく、上から開けるんですって、信じられない使いにくさ)、私は日本から持ってきた右側のティッシュを。でも、これでも全然足りなかった。(まぁ、コモンが風邪をひきながら旅に出たということもあると思いますが)

 

四つ星ホテルには泊まったけど、アメニティのケースの中に、食事の際の紙ナプキンのような紙が入ったポケットティッシュだけがあり(おかげで、最初あることさえ気づかなかった)所謂ボックスティッシュはなかったし、他の四つ星ホテルのボックスティッシュは、明らかに、トイレの際に手を拭く厚い紙の質だった。

 

トマティーナの会場の仮設トイレにはもちろん、トイレットペーパーもなかった!

 

一人6つくらい持っていけばよかったな。

現地で買えばとか思うかもしれませんが、3つを既に持って旅に出た場合、旅行中に買うのはなんだか負けた気がする、というか、旅行中になるべく、ポケットティッシュを買う時間なんて入れたくないというところである。

ということで、個人で海外旅行をする際には、是非ウェットティッシュの他に、ポケットティッシュも割と持っていくことをお勧めします。

 

しかし、聞いてはいたものの、日本のポケットティッシュ文化ってものすごいと思う。街で配られているポケットティッシュの質の高さを、海外の人が知ったら、しかも、これがタダなんだぜと知ったら、疑問さえ抱くほどびっくりするのではないだろうか。

なんと日本には風邪の際にお鼻を傷めない、保湿用のポケットティッシュがあると言っても、もしかしたら冗談だと思って信じない人が7割くらいいるんじゃないかと思う今日この頃である。

 

何故日本がこれほどまでに、ポケットティッシュの文化が発達したのか知りたいところだけれど、これは後々調べてみようと思います。

 

全くどうでもいい情報だけれど、昔、元SMAPの中居くんが、家の中で一番使うものって何かって考えたらさぁ、ティッシュじゃねってテレビで言ってたことがあり、それがずっと忘れられない私です。とっても賛成です。ティッシュって大事な大事な日用品ですよね。

 

そんなわけで、ティッシュは旅行に大事です。

個人的には、他に旅行で必要なもの、役立ったものは以下だと思います。

・歯ブラシ、歯磨き粉(どんなホテルにも置いてないし、日本のクオリティの高さから考えると、現地で調達しようなんて思わない方がいいと思います)

・パジャマ(もちろん、こちらも海外のホテルではありません。途中、飛行機が飛ばなくて一泊追加したので、マドリードのソフィア美術館で買った限定のピカソのボーダーTシャツが役にたちました。旅行で素敵なTシャツを買うのが個人的にとても好きです。しかも、こんな風に役立つと尚のこと嬉しい。しかも、初の夫婦ペアルック的、ピカソボーダーTシャツ。コモンのがスペイン語でピカソの言葉が書かれてあり、私は英語です)

・クロックス(もちろん、ホテル用のスリッパを用意してくれば良いと思います。今回トマティーナに行くという目的があり、サンダルだと危ないという情報よりクロックスを買いました。しかも、初のペアルック的ネイビーのクロックス。これが、トマティーナ以外で、リラックスホテルタイムを充実させてくれました。何せ、シャワー後も足が濡れているし、便利便利。ラブ・クロックス)

・ウェットティッシュ(言わずもがな)

・非常用 風邪薬、正露丸

・リラコ(夏なので、ビバリラコ。都市部ではダメですが、グラナダとかコルドバとかは、リラコファッションで、十分、且つ機能的です)

 

 

海外旅行にはパスポートの他にも忘れない方がいいものがあるということですね。

 

きみちゃんでした。