鈴の実。~British Life~

ロンドン駐在中の夫婦2人がロンドン生活や旅行について綴ってます。

1等車での快適な鉄道旅もいいね。 2等車も悪くはないけど。スペインAVE乗車記

どうも、コモンです。

 

今回のスペイン旅行ではグラナダ→セビリア→コルドバ→マドリード→バルセロナと都市間を移動しましたが、その際に使ったのが、AVE。今回は、そのAVEをご紹介します。

f:id:suzunomi:20170923181155j:image

 

AVEはスペインの新幹線。 

f:id:suzunomi:20170923181220j:image

まずAVEの紹介から。別に鉄道に興味があるわけではないので、wikiぺディアから引用。

 

AVE(アベ)は、スペイン国鉄(RENFE)が運行する高速鉄道システムの名称である。

 

日本でいうと新幹線ですね。ただかなり車体は大きく、ごついですが。

 

予約はレイルヨーロッパさんから。日本語対応は楽。

 

まずはチケットの予約。レイルヨーロッパさんからしました。

www.raileurope-japan.com

 

2人分買っても隣にならない事もあるみたいな記事もネットで見たのですが、自分達は全て隣同士でした。

 

値段は直接AVEのサイトから予約した方が安いようなのですが、日本語でできるのは、楽です。個人旅行だと決めないといけない事は色々あるのでね。ここは楽な方法をとりました。

 

ちなみにチケットの値段は、変動するようなので、予定が決まっている方は早めにどうぞ。日本だと新幹線のチケットは基本同じなので、そこは意外でした。(駅ネットとかで、割安を買うと別ですけどね。)

 

一応ご参考までに、マドリード→バルセロナの片道チケットの比較を載せておきます。

 

f:id:suzunomi:20170923183628p:plain

来週

 

f:id:suzunomi:20170923183635p:plain

1か月後。いくつかの便で安くなってますね。

 

乗車前に手荷物検査と、チケットのチェックあり。

f:id:suzunomi:20170923180536j:image

では実際の乗車です。今回の旅行で3回AVEに乗りましたが、どの電車に乗る際にもまず手荷物検査。そして、その後でチケットのチェック(QRコードの読み取り)がありました。

 

割と時間がかかっていたので、早めにホームに行った方が良いですね。

 

乗車中は特にチケットのチェックはなかったです。

 

座席比較。

2等車

f:id:suzunomi:20170923180620j:image

次に座席の比較。まずは2等車。セビリア→コルドバ間で乗車。

 

座席が2席ずつ左右に並ぶ形。日本の新幹線と同じですね。(東海道新幹線だと3席、2席ですかね。)

 

 座席は程よい広さ。短時間しか座ってませんでしたが、普通の座りごこち。日本の新幹線だと、こだまとかの座席に似ている感じでしょうか。まあ普通ですね。

 

1等車

f:id:suzunomi:20170924141949j:image

1等車。コルドバ→マドリードで乗車。こちらはインターシティとなっていたので、AVEとは違うのかな。こちらは1席と2席の形。テーブル付きの対面席があるので、そこに当たると少し辛いか。

 

f:id:suzunomi:20170923180844j:image

こちらも1等車。マドリード→バルセロナで乗車。

こちらも1席と2席の構成。 

 

f:id:suzunomi:20170923180904j:image

AVEの1等席だからか、1席の横幅は広く椅子もフワフワ。当然快適ですね。

 

停車駅の案内も出ています。

 f:id:suzunomi:20170923191556j:image

ちなみに停車駅ですが、駅に着く少し前にアナウンスもされますし、ドア上部にある電光板に表示もされますので、そこは安心ですね。

 

まとめ。

時間帯によっては、1等車と2等車の価格差が2,000円ぐらいしかない時もあるので、長時間乗るなら1等車がお勧めです。せっかくのスペイン旅行なので、快適な鉄道旅を楽しまれてはいかがでしょうか。

 

以上、AVEのご紹介でした。