鈴の実。~British Life~

ロンドン駐在中の夫婦2人がロンドン生活や旅行について綴ってます。

セント・ポール大聖堂に行ったらこちらもおすすめ。テムズ川対岸にある美術館テート・モダン

どうも、コモンです。

 

セント・ポール大聖堂に行ったついでに、テムズ川対岸にある美術館。テート・モダンに行ってきましたので、ご紹介します。

 f:id:suzunomi:20171011221552j:image

 

 

テート・モダンとは?

テート・モダンはイギリスの国立美術館の1つで、元はテムズ川沿いにあった発電所だったようです。

 

Wikipediaから引用しますと、

 

テート(テイト)・モダン(英: Tate Modern)は、イギリス・ロンドンのテムズ川畔、サウス・バンク地区にある国立の近現代美術館。テート・ブリテンなどとともに、国立美術館ネットワーク「テート」("Tate")の一部をなしている。入場無料。

 

ありがたい事に、こちら無料なんですよね。

 

館内は2つの建物に分かれていて、展示エリアは4階まで。最上階は展望室になっているみたいですね。

 

開放的な建物

 

f:id:suzunomi:20171011221226j:image

では館内のご紹介。こちらは地下階のタービン・ホール(Turbine hall)。 発電施設が置かれていただけあって、非常に開放的。みんな芝生の上のようにごろごろしてます。

 

f:id:suzunomi:20171011221236j:image

同じく地下階にあるブランコ。大人がマジで乗ってます(笑)。 

 

f:id:suzunomi:20171008152746j:plain

こちらにもブランコ。下で見ている時は気がつかなかったのですが、 

 

f:id:suzunomi:20171008152718j:plain

ライトで壁に影ができてるんですね。いやー、考えられている。 

 

f:id:suzunomi:20171008152738j:plain

元が発電所なので、こんな無骨な鉄筋もあります。手前にあるのは折り畳みのスチール椅子。これを持って、自分の好きな所で座っている人もいました。 

 

絵画がすごい

テート・モダン、無料 で入れるのですが、所蔵している絵画もちゃんとしていまして、

 

f:id:suzunomi:20171008152712j:plain

ピカソの 「泣く女」。

 

f:id:suzunomi:20171008152730j:plain

 モネ。「睡蓮 after 1916」。絵画をあまり知らない私でも知っている、モネの睡蓮。睡蓮って何種類もあるんだと初めて知りました。。。

 

f:id:suzunomi:20171011222236j:image

ダリ。「秋の人肉食い」。ピカソの「泣く女」の隣に展示されています。

こんな作品まで見れてしまいます。

 

他にも魅力的な展示の数々

f:id:suzunomi:20171008152725j:plain

絵画ではないですが、トリックアートみたいな感じで、見る場所によって色が変化するアート。右から見ると 白っぽく見えるのですが、

 

f:id:suzunomi:20171008152719j:plain

 中央から見ると青っぽく見え、

 

f:id:suzunomi:20171008152722j:plain

左から見ると、黒っぽく見える。 

 

f:id:suzunomi:20171011221214j:image

 展示室の天井も高くていい感じです。

 

f:id:suzunomi:20171008152709j:plain

 こんな展示もあります。

 

f:id:suzunomi:20171008152708j:plain

 こちらはかなり独特な世界観。赤い土に顔に布をかぶせられている人間?。

 

f:id:suzunomi:20171011221408j:image

f:id:suzunomi:20171011221412j:image

宇宙人みたいな人たちもいるので、食物連鎖で捕食される人間なのかな。よくわかりませんが。

 

まとめ。

こちら、セント・ポール大聖堂の近くに何かないかな?と思って、軽く行っただけなのですが、期待以上に素敵なアートが見れて満足度高しです。

 

自分達は2階まで見て満足して帰ってしまいましたが、今度は上の階にも行きたいですね。

 

以上、テート・モダンのご紹介でした。

 

======================================

施設名:テート・モダン

場所 :テムズ川南岸。セント・ポール大聖堂から10分ほど。

サイト:http://www.tate.org.uk/visit/tate-modern

料金 :無料