鈴の実。~British Life~

ロンドン駐在中の夫婦2人がロンドン生活や旅行について綴ってます。

鈴の実

【留学6ヶ月目】高すぎる!と思ったけど、留学保険に入っておいて良かったと思う。

どうも、コモンです。

 

現在ロンドンに語学留学しております。留学するに際し、色々手続きや準備が必要だったのですが、その中で最後の最後まで悩んだのが留学保険です。

 

色々悩んだ結果、実際に契約したのは、渡英の4日前でした。どうしてそんなに悩んだのかも含めて、今回は留学保険について、ご紹介します。

 

留学保険とは?

f:id:suzunomi:20171209083544p:plain

(AIUさんの留学保険より)

 

留学保険は海外留学中の病気や怪我、事故等の補償をしてくれる保険です。海外旅行保険の長期版ですね。具体的には、パンフレットに書いてあった内容を引用しますと、こんな感じ。

 

・ケガ・病気が原因で治療が必要になった場合の補償。

・お店の商品を壊したり、アパートの部屋を水浸しにした場合の補償

・アパート内の家財を盗まれたり、カメラを落として壊した場合の補償

・海外での急病やケガへの対処法等、常駐している看護師または救急医が24時間365日体制で電話でアドバイス。

 

海外に長く住むからには、医療関係の補償やアドバイスは欲しいところですよね。

 

悩んだのは値段。

 自分は海外に長期間住むのは初めてだったので、当然入ろうと思ってました。パンフレットが届いたので、イギリス留学10か月の値段を見てみると、

 

130,130円!!!

 

いやいやいや。高すぎるでしょ。何13万って!!。確実に使うものならまだしも、何もなかったら無駄になるし。10ヶ月で、そんなに病気とか怪我する?と、一気にトーンダウン。

 

自分は留学エージェントの方から東京海上日動さんの留学保険を紹介して頂いたのですが、他に安いのないのかな?と他社も見てみましたけど、他社も似たようなもの。。。

 

払いたくないなー。。。と思って、契約をずっと先延ばししてましたが、あとで入っておけば良かったと後悔するのも嫌だなと思い、渡英直前に加入しました。

 

エージェントが代理店になっていたので、即日で保険証書までもらえたのはありがたかったですね。

 

入って良かった留学保険。

 さて、さんざん悩んだ挙句、入ってどうだったかと言いますと。

 

凄い良かった。

 

この6ヶ月で大きく分けると2回ほど、保険を使って病院に行ってます。

 

1回目は足をくじいた時。地下鉄の階段で足を踏み外して、捻ってしまったんですよね。2週間ほどしても痛みが残っているので、見てもらいました。階段を踏みはずなんて、日本で毎日通勤していても、そんな事なかったのに。なぜイギリスで。。。

 

2回目が調理中のケガ。この時に本当に入っておいて、良かったなと思ったので、そちらは少し詳しく状況も紹介しておきます。

 

血が止まらない。。。。

状況としては、前述の通り、調理中に怪我をしてしまったんですよね。気分が悪くなったらごめんなさいですが、スライサーで人参をスライスしていたら、思ったより減りが早くて、指の表面部も一緒にサクッと。。。。。。

 

痛って思ったのも束の間。血がドッと出てきます。

 

まあ、私も40年近く生きてる訳で、血は強く抑えていれば止まるだろと思ってました。5分ぐらいかな、と思って、ティッシュで抑えます。で、5分経ってティッシュを取ってみても、止まりません。

 

あれ?と思いつつ。もう5分。

 

止まってません。。。。

 

え!。何で???。再度5分。止まってくれ!!と思いながら、強く押さえても止まらない。。。ヤバイ。。。もうパニックです。

 

こうなったら病院に行くしかないと思って、急いで病院に連絡です。基本予約が必要なのですが、最初電話したら、受付の方が「2時間後の時間帯に予約しました」との返事。。。

 

いやいや、今、血が止まらなくて焦ってるのに、2時間後って何だよ!!!。と思って、「2時間血が止まらなくて大丈夫なんですか?」と聞いたら、先生がすぐ見てくれるという事で、急いで病院へ。

 

後から考えたら、ググれよ。思うのですが、スライサーで指切った事もないし、血が止まらない事もなかったので、気が動転してましたね。それに病院の電話番号を調べる時もそうだったのですが、指を切っているので、入力もスムーズにできない。。。

 

病院についたら、すぐ先生が見てくれて、ガーゼで圧迫止血をしてくれました。「カットした部分とかあれば、縫えるんですけどねー」と冷静に先生は言ってましたけど、基本は圧迫止血しかないみたいですね。

 

 施術後、今後のために先生が教えてくださった血の止め方が、下記の通り。

 

ポイントは2つで

1. 出血部分を心臓より高い位置にして抑える。

2. 15分間抑え続ける(途中で離すと、最初からやり直し。)

 

5分じゃ足らなかったんだなー。それに心臓より上ってのもできてませんでした。こんな状況に2度となりたくありませんが、まあ。覚えておこう。

 

その後、1週間ほど毎日包帯の取り替えと経過を見てもらいに、病院に通いましたが、最初の日も含めて支払いは一切なしです。

 

大事なのは

・緊急時に対応してくれる。

・日本語で。

 

という所ですよね。

 

イギリスの場合、留学時に医療費を払うので、現地の医療も受けられるのですが、受診に時間がかかるようです。救急は別途対応があるんでしょうけど、英語ですからね。。。

 

まとめ。

最初は高すぎるだろ!と思っていた留学保険ですが、留学して6ヶ月目の今となっては、本当に入っておいて良かったです。

 

決して安くない金額ですが、日本とは異なる環境、言語の地域に行くわけですからね。

 

特に緊急時です。日本なら助けてくれる人や相談できる人がいて、何とかなる事も、海外だと思い通りにいかない事もあるんじゃないでしょうか。そういう時のためにも、保険には入っておいた方が良いなぁと改めて思う次第です。

 

 

以上、留学6ヶ月目の留学保険レビューでした。