鈴の実。~British Life~

ロンドン駐在中の夫婦2人がロンドン生活や旅行について綴ってます。

鈴の実

大戸屋さん、どうかどうかロンドンにお店を出して下さい!

こんにちは、きみちゃんです。

 

日本に帰国したら行きたいお店の一つが大戸屋さんでした。安い、うまい、健康的!

 

ロンドンで日本食を食べられるお店はあるのですが、大抵それは日本食のふりをしていることが多いです。

一方、日本人が料理した日本食は確かに日本食なのですが、そこにはどこかしら頑張って日本食になりました感があるような気がします。この異国の地ロンドンで、この味になる為に頑張りましたよ、この地で、ぶれずに日本食を通してますよと。その感じが不思議となんだかお料理から伝わってくる。

別に料理人の心意気とかではなくて、料理自体からほんのすこーしだけ、ストレスを感じるんですよね。あくまでもきみちゃんの感覚ですが。

完全にそのストレスが感じなかったお店は一風堂さんだけかもしれません。(高いだけあります。)

 

そんなわけで、正しい和食定食をいただきたく大戸屋さんに行きました。

 

鶏と野菜の黒酢あん定食を私は選択。 

ど定番中のど定番。ご存知のロングセラー商品です。昔からもう何十回も食べたかしれません。

f:id:suzunomi:20171219093832j:image

 

それと同じくらい肩を並べるチキン母さん煮定食をコモンは選びました

 f:id:suzunomi:20171219093904j:image

 

ご飯は私はいつも並盛り白米とろろご飯です。

とろろ!

とろろなんてロンドンでほぼ食べられない。ナチュラルナチュラルで売ってると記憶してますが、ご飯にたっぷりと気兼ねなくかけられるような値段ではなかったような。

f:id:suzunomi:20171219161009j:image

 

味の感想は、やはり、ロンドンで食べるなんちゃって定食とは全く違います。

心の底から美味しい。野菜だってもちろん一つ一つきちんと生かされている調理の仕方で、料理自体の味は、透き通ってる感じがするのは、お水のせいなのでしょうか(ロンドンで曇ってる味がするのは何故なんだ?)

透き通っているというか、純粋に定食である安心感。

しかもこれがチェーン店で、どこでもこの美味しい味が食べられるわけで、本当にすごいです。

 

そして、むしろチェーン店であるが故に、もう何年も前から、色んな人たちと大戸屋で食べることができたような気もします。

 

まず、若かりし、お金がまだ今よりなくて、大戸屋さん価格でも毎回出すのは大変だった頃、大学時代の友人と食べました。

転職して今の会社に入ると、残業続きの日々、会社を抜け出し後輩と愚痴を垂れ流しながら食べました。大抵、私は黒酢あん定食を選び、後輩は母さん煮を選んだ。

コモンとつきあって、コモンのマンション近くで、休日に朝ごはんと昼ごはんの間くらいに食べました。

そして、ロンドン赴任前も食べた。

その時も私は割と黒酢あん定食を選び、コモンは割とチキン母さん煮を選びました。

f:id:suzunomi:20171219095707j:image

 

私はチキン母さん煮を選ぶ人が好きなのかもしれない。(え?ほんとに?ただの偶然ですよね?笑)

f:id:suzunomi:20171219094000j:image

 

大戸屋さんくらいの食事をしたかったら、ロンドンでは倍か倍以上のお金を出さないと食べることはできません。

しかもお金をだしてなお、味は決してこの味が食べられるわけではないわけです。なんだかこれは少し拷問なんじゃないか、という感じさえします。

言っても仕方ないけれど、なぜなんだ、なぜなんだロンドン。。。

 

ということで、お願いするしかないのです。

大戸屋さん、これからも健康で安全で手頃な値段でお店を続けて下さい。

そして早いうちに、ロンドンでお店を出して下さい。お値段は、日本と同じであれば言うことはありません。どうか、どうかお願いいたします。

ロンドンに定食を!

ロンドンに救いの手を!

f:id:suzunomi:20171219101314j:image