鈴の実。~British Life~

ロンドン駐在中の夫婦2人がロンドン生活や旅行について綴ってます。

イブイブランチは、おとなの週末もんじゃNo1 元祖 月島もんじゃ いろは本店

こんにちは、きみちゃんです。

 

古窯さんでたっぷりと朝ごはんを食べた我々。しかし、まだまだ一時帰国の日本のご飯を楽しみたい!

 

ということで向かった先は月島。

この日はイブイブのしかも土曜日。きっと月島もんじゃランチはすんなりと入れると見込、行きました。

ナンバーワン もんじゃ店、創業昭和30年・いろは本店さんです!

f:id:suzunomi:20171225115220j:image

 

場所は2階です

もんじゃストリートの途中にあります。 

f:id:suzunomi:20171225204858p:plain

 

いろは本店さん人気ナンバーワンメニュー

それは、明太子もちチーズもんじゃです。このミックスは、文字だけで心をくすぐりますよね〜。

明太子は、ロンドンの日本食料品屋さんであるけど、冷凍ものを持ち帰るのが面倒で(必ず他にどこかに寄ってから帰りたい等あるため)購入してませんでした。

よって8ヶ月ぶりくらいの明太子なわけです。

f:id:suzunomi:20171225120553j:image

 

 ということで早速作ってみましょう。

(いろはさんには、ちゃんと作り方もメニューの側に書いてあるから安心です)

 

もんじゃの作り方

1. キャベツをスプーンでかき出し、鉄板の上で刻みながら炒める

f:id:suzunomi:20171225121515j:image

 

2. キャベツの土手(輪っか)を作り、もんじゃのダシを入れる

土手からダシが出ないように注意!

f:id:suzunomi:20171225121745j:image

 

3. 明太子と餅は傍で焼いておく

f:id:suzunomi:20171225141014j:image

 

4. ダシの中にチーズを入れてトロミがつくまで!

f:id:suzunomi:20171225141320j:image

 

5. トロミがついたら、明太子も餅も投入。明太子は土手の中で刻む。後は、全部伸ばして食べるのです。

f:id:suzunomi:20171225141729j:image

 

ついでに注文、牛スジ天のお好み焼き

牛スジは中々ロンドンではお目にかかれません。

f:id:suzunomi:20171225142016j:image

 

空気を入れるようにふんわりとかき混ぜること。

という言葉は、ドラマ「結婚できない男」で、阿部寛さんに学びました。(ロンドンで1人で暮らしていた時、結婚できない男を見続け、辛い夜を乗り越えたものです)

f:id:suzunomi:20171225142401j:image

 

 ふんわりとだよっ、コモン!

f:id:suzunomi:20171225142449j:image

 

そして、鉄板の上でまぁるく焼くのです。

f:id:suzunomi:20171225142544j:image

 

ひっくり返して、できあがり!

f:id:suzunomi:20171225142623j:image

 

 因みに、件の阿部さんは、お好み焼きにマヨネーズは邪道と言ってました。もちろん、ドラマでね。

 

おとなの週末 もんじゃ部門第1位

お会計も終わった廊下には、以下の広告が貼ってありました。

f:id:suzunomi:20171225143200j:image

 

堂々の一位!!おめでとうございます。

f:id:suzunomi:20171225143329j:image

 

我々の感想としては、こちらのお店は、もんじゃ屋さんということもあり?もんじゃの方がお好み焼きより美味しかったです。 

 

またお店のサービスとしては、もんじゃを我々が食べ終わるのを見計らって、牛スジのお好み焼き粉入りカップを持ってきてくれる気遣いが嬉しかったです。

さすが、ナンバーワンのお店ですね。

 

正直、コモンも私も、ロンドンに関係なくすごく久しぶりのもんじゃでしたが、とても楽しめました。自分たちで作って焼くのって楽しいですよね。

少しお腹いっぱいだったこともあり、量も2人で上記二つで充分でした。おやつ感覚で食べることができました。ドリンクのウーロン茶も250円と良心的です。

 

お店情報

店名        :いろは本店

場所        :都営大江戸線月島駅 8番出口より徒歩4分、東京メトロ有楽町線月島駅7番出口より徒歩4分

営業時間 :12:00~25:00

定休日     :無休

サイト     :http://www.monja.gr.jp/irohahonten.html