鈴の実。~British Life~

ロンドン駐在中の夫婦2人がロンドン生活や旅行について綴ってます。

鈴の実

アイスランド3日目、巨大なパンをくり抜いてシチュー、その前にはワッフルも。

日本は真夏日が続いていますが、お話はアイスランドのシチューの話です。

きみちゃんはエアコンのがんがん聞いているファーストフードのお店でこのblogを書いていますので、今すぐにでも食べたい!

 

アイスランド3日目は、レイキャビックの街歩き。

なので、ランチも、レイキャビックでシチュー入りパンのお店に行きました。

 

シチュー入りパンは日本の喫茶店なんかでもメニューがありますが、アイスランドは一味ちがいます。

何といっても、パンがとても大きい。

大きめの子供の顔くらいあります。(食べ物と子供を並べるなんて、あまりいい表現ではありませんが)

 

こちらが、シチュー看板です。

Best soup in town!

Bestっていったい誰がつけたのかはわかりませんが、前日の夜、脇を歩くとなかなかの行列。

f:id:suzunomi:20180715090020j:image

 

だけど、この日のランチは、階段に並んでいる人がいない(お店は階段を上がって二階にあります)というラッキーでお店に入ったのですが、店内は満席でやはり少しだけ待ちました。 

f:id:suzunomi:20180715090025j:image

 

店内はそれほど広いわけではないんですね。

f:id:suzunomi:20180715091050j:image

  

バーとパンシチューのお店というコンセプトのようです。 

というか、飲み物以外はパンシチューしかメニューがありません。

看板から想像するに大きいことは想像していたので、一つを頼んでシェアする?とコモンと話していたわけですが、これしかメニューがないので、それぞれ頼むしかない…

 

でも、こういうメッセージとか飾られていると期待が膨らみます。

Soup was wonderful!

f:id:suzunomi:20180715091101j:image

 

間接照明はヨーロッパらしく、ろうそくの灯り。

おしゃれです。

f:id:suzunomi:20180715130025j:image

 

ところで、ご飯を食べる前に小騒動がありました。

隣に座ったファミリーの中の中学生で髪の長い女の子がいたんですね。彼女がテーブルにつこうとした。

そう、何が起こったかおわかりですね?

ながーい髪にろうそくの火がつきました。

幸いにすぐにお母さんやらの処置ですぐに消え、事なきを得ましたけど、少しだけ髪の焦げた独特の匂いがしました。

 

そんなことってあるんですねぇ。

 

きみちゃんはずっとショートカットなので、そういう危険性はないのですが、皆さん、髪の長い方はくれぐれもライトの照明には気をつけましょう。

スティーブン・キングの世界になりかねない。

 

さてさて、気を取り直してのランチです。

私はベジタリアン用のシチューを選びました。

こちらブロッコリーとチーズが入っているシチューです。

シチューの色は白でもなく、きっとお野菜とか炒めたりした時のブラウンのついたシチューでした。パンに絡んでよく合います。

f:id:suzunomi:20180715085124j:image

 

コモンのは、メキシカンシチュー。

お肉も入っていて、少しピリ辛で美味しかったです。

アイスランドでメキシカン。ワールドワイドですね。

 

こちらのパン、お店の特注で、周りが硬いのに、中はふわふわなんです。だから、パンをくり抜いた部分のふわふわのパンが添えられています。

くり抜いた部分は決して無駄にされていない!

f:id:suzunomi:20180715085149j:image

 

周りのパンを崩しながら食べる人もいたけど、きみちゃんは、この前に食べたワッフルもありお腹がいっぱいだったので、最後までパンをくり抜いて食べました。

f:id:suzunomi:20180715085155j:image

 

たしかにこだわりの一つだけのメニューが作れるのであれば、それにお客さんが来てくれるのであれば、お店的にはコスパも良いし、いいんだろうなぁ。

 

一発当てるって大事だよね、とコモンと語ったお昼でした。

 パンシチュー見た目にもインパクトあるし、地元の人も観光客も入りそう。それに、外食の高いアイスランドでは、これでも手頃な価格帯ということなのかもしれません。

 

こだわりの一品ってやはり、人をひきつけます。

  

因みにランチ前のカフェ

地元の人に愛される、というカフェに行きました。

外観はとってもおしゃれ。

f:id:suzunomi:20180715095714j:image

 

内装は山小屋風。

アートな絵の展示スペースにしてあります。

f:id:suzunomi:20180715095718j:image

 

アイスランドにいるからなのか、日本人を多くみかけました。

このそれほど広くないカフェにも、日本人が!

まぁ、ガイドブックに書いてあるとどうしても、そうなりますよね。

窓のディスプレィも可愛らしい。

レイキャビックの街の風景にマッチしている可愛らしさです。

f:id:suzunomi:20180715095736j:image

 

ベルギーワッフルを頂きました。

f:id:suzunomi:20180715095754j:image

 

ワッフルはとっても大きいけど、すごく軽くて、生クリームもあまくなくて、ぺろりといってしまいます。

(他のパン屋さんでシュークリームみたいなものを買ったときもそうだったけど、アイスランドの生クリームはあまくない。ヨーロッパの生クリームって甘くなくて、本体が甘いことが多いと思う)

 

旅行中のカフェめぐりって本当に楽しい。

旅の醍醐味の一つです。

f:id:suzunomi:20180715095758j:image

 

 

 お店情報

店名  :Svarta Kaffid

場所   :Laugavegur 54, 101 Reykjavík, アイスランド

 

営業時間 :日曜日~木曜日  11時30分~23時00分(日曜日は12時〜)
     金曜日〜土曜日 11時30分~1時00分


サイト  : https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g189970-d1487023-Reviews-Svarta_Kaffid-Reykjavik_Capital_Region.html

 

店名  :Mokka Kaffi

場所   :  

 

営業時間 :9:00ー18:30  

サイト  :https://visitreykjavik.is/mokka-kaffi

 

(by キミ)